スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完全主義を貫く

 よく九〇パーセントうまくいくと「これでいいだろう」と妥協してしまう人がいます。しかし、そのような人には、完璧な製品、いわゆる「手の切れる製品づくり」はとうていできません。「間違ったら消しゴムで消せばよい」というような安易な考えが根底にあるかぎり、本当の意味で自分も周囲も満足できる成果を得ることはできません。
 営業にしろ製造にしろ、最後の一パーセントの努力を怠ったがために、受注を失ったり不良を出したりすることがあります。
 自分自身の努力をさらに実りあるものとするためにも、仕事では常にパーフェクトを求めなければなりません。
『京セラフィロソフィ』サンマーク出版 P92より)
----------
とことん追求して考えるということは、どんな物ごとにおいても大切なことだと思います。
それが出来るかどうかで、自ずと結果が違ってきます。
ただし結果だけを見ても、それがとことん追求した結果なのか、それとも適当にやってたまたま上手くいった結果なのかは、当事者以外誰にもわかりません。
それを知るためには、ずっと結果を見続けることです。
そうすれば、偶然の場合は結果が良かったり悪かったり安定しませんが、追求していればほぼ良い結果が得られ続けているはずです。
会社でも、人間でも、ずっと付き合っていくうちに相手の本質が徐々に見えてきます。
本当に信頼できる相手なのかどうかは、そうやって長く付き合っていかないとわからないものだと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たけ

Author:たけ
読書遍歴
太宰治(高校時代)
福永武彦、司馬遼太郎、田中芳樹(大学時代)
京極夏彦、永倉万治、佐藤賢一(20から30代)
最近はビジネス書がほとんどで、フィクションはときどきしか読まなくなりました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。