スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仲間のために尽くす

 人の行いの中で最も美しく尊いものは、人のために何かをしてあげるという行為です。人はふつう、まず自分のことを第一に考えがちですが、実は誰でも人の役に立ち、喜ばれることを最高の幸せとする心をもっています。
 かつて、真冬のアメリカで起きた飛行機事故で、一人の男性が自らが助かるというその瞬間に、そばで力尽きそうな女性を先に助けさせ、自分は水の中に消えてしまうという出来事がありました。人間の本性とはそれほど美しいものなのです。
 私たちは、仲間のために尽くすという同志としてのつながりをもってみんなのために努力を惜しまなかったからこそ、すばらしい集団を築くことができたのです。
『京セラフィロソフィ』サンマーク出版 P81より)
----------
稲盛さんのアメーバ経営が事業部制と違うところは、成果配分を業績と連動させないというところです。
つまり業績が良いからといってその部署が特別にボーナスを多くもらったりしないし、逆に業績が悪いからボーナスなしにもしないということです。
その理由として、仕事をする上で大切なことは仲間のために尽くすことだ、という考え方を共有しています。
企業を継続していくためには、この考え方は重要だと思います。
成果の良し悪しで社員が一喜一憂する環境というのは、決して心地よいものではありません。
そういう組織を作ってしまうと、好調な時はよくても、不調になったときに一気に崩壊してしまうでしょう。
老舗の企業はそこをよく理解して組織づくりをしてきているからこそ、存続できているのだと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たけ

Author:たけ
読書遍歴
太宰治(高校時代)
福永武彦、司馬遼太郎、田中芳樹(大学時代)
京極夏彦、永倉万治、佐藤賢一(20から30代)
最近はビジネス書がほとんどで、フィクションはときどきしか読まなくなりました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。