スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常に明るく

 どんな逆境にあっても、どんなにつらくても、常に明るい気持ちで理想を掲げ、希望を持ち続けながら一生懸命努力を重ねてきた結果が、京セラの今日をつくったのです。
 人生はすばらしく、希望に満ちています。常に「私にはすばらしい人生がひらかれている」と思い続けることが大切です。決して不平不満を言ったり、暗くうっとうしい気持ちをもったり、ましてや人をうらんだり、憎んだり、ねたんだりしてはいけません。そういう思いをもつこと自体が人生を暗くするからです。
 非常に単純なことですが、自分の未来に希望をいだいて明るく積極的に行動していくことが、仕事や人生をより良くするための第一条件なのです。
『京セラフィロソフィ』サンマーク出版 P76より)
----------
先日NHKの「知恵泉」という番組で、本田宗一郎を取り上げていました。
彼は若いころ、部下を怒鳴りつけることで有名で、部下からは恐れられていましたが、同時に慕われてもいました。
それは彼がいつもユーモアを忘れず、部下にもただ叱るだけではなく、励ましたり笑わせたりして、人一倍気を使っていたからだと言います。
ユーモアというのは人間関係を築くための大切な潤滑油ですが、なかなか上手に使いこなすのは難しいものでもあります。
ただ、案外意識せずに自分をそのままさらけ出すと、それは周囲の人達からは、その人なりとユーモアと受け取られることもあります。
素直で飾らない態度というのが大切だとういうことでもあるのでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たけ

Author:たけ
読書遍歴
太宰治(高校時代)
福永武彦、司馬遼太郎、田中芳樹(大学時代)
京極夏彦、永倉万治、佐藤賢一(20から30代)
最近はビジネス書がほとんどで、フィクションはときどきしか読まなくなりました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。