FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感謝の気持ちをもつ

 社内の人の和がないと、お客様に喜んでいただけるものはつくれません。なぜなら製品にはそれをつくる人の心が反映されているからです。ところが「オレがオレが」といった利己的な考え方では、社内に和をつくっていくことはできません。
 私たちが今日あること、そして存分に働けることは、お客様や取引先はもちろん、職場の仲間、家族といった周囲の多くの人々の支援があるからこそです。決して自分たちだけでここまでこられたわけではありません。
 このことを忘れず、常に周囲への感謝の気持ちをもち、お互いに信じ合える仲間となって仕事を進めていくことが大切です。
『京セラフィロソフィ』サンマーク出版 P74より)
----------
今日は長男の公立高校入試の日。
朝最寄りの駅まで一緒に出かけました。
今住んでいるところに引っ越してからすぐに長男が誕生し、あっというまに15年が過ぎました。

社内のエレベーターで、営業部の人と何気なく長男の入試の話をしたら、
「えー、あの小さかった子がもう高校生なんですか!」
と驚かれました。
そういえば、この会社にきてすぐの社員旅行に家族で参加したとき、長男はまだ幼稚園。
無事にここまで育ててこれたのも、今の会社とそこで働く社員の皆さんのおかげだということを実感させられる出来事でした。

そんな皆さんに少しでも恩返しができるよう、頑張らないと!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たけ

Author:たけ
読書遍歴
太宰治(高校時代)
福永武彦、司馬遼太郎、田中芳樹(大学時代)
京極夏彦、永倉万治、佐藤賢一(20から30代)
最近はビジネス書がほとんどで、フィクションはときどきしか読まなくなりました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。