FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛と誠と調和の心をベースとする

 人生においても仕事においてもすばらしい結果を生み出すためには、ものの考え方、心のあり方が決定的な役割を果たします。
 人を成功に導くものは、愛と誠と調和という言葉であらわされる心です。こうした心は、私たち人間がもともと魂のレベルでもっているもので、「愛」とは他人の喜びを自分の喜びとする心であり、「誠」とは世のため人のためになることを思う心、そして「調和」とは自分だけでなくまわりの人々みんなが常に幸せに生きることを願う心です。
 この愛と誠と調和を尊ぶ心から出てくる思いが、その人を成功に導いていく基礎となるのです。
『京セラフィロソフィ』サンマーク出版 P58より)
----------
眼に見えないものを信じられるかどうか。
私にとって判断に迷うとき、最後に決断を下す理由の一つがここにあるような気がします。
「そんな事やってたら、いつか絶対に天罰が下るぞ」
天罰なんて、誰がどう下すかなんて誰にもわからないし、そもそもそんな事言われて思いとどまるのは小さな子供くらいだと思うかもしれません。
でもそれを疎かにしたり、優先順位を下げてしまうと、結局はつまらない結果しか得られないということを、知っておくことは大切だと思います。
そしてそれが大切だということを信じられるかどうかは、素直な子供の頃にそれを教えられているかどうかが大事な気がします。
今度学校で道徳が教科化されるようですが、制度化すればそれは良い意味でも悪い意味でも利用されやすくなるということだけは認識しておくべきだと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たけ

Author:たけ
読書遍歴
太宰治(高校時代)
福永武彦、司馬遼太郎、田中芳樹(大学時代)
京極夏彦、永倉万治、佐藤賢一(20から30代)
最近はビジネス書がほとんどで、フィクションはときどきしか読まなくなりました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。