スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経験則を重視する

 企業での技術開発やものづくりには経験則が不可欠です。理論だけではものごとはできません。
 たとえばセラミックの場合、原料である粉体を混ぜて成型し、高温で焼けばでき上がるということは、勉強さえすれば誰でも理解できます。ところが、粉体を混ぜるということがどういうことなのかは、実際に自分で手を染めて苦労してやってみないと決してわかりません。液体や気体なら完全な混合ができますが、粉体はどこまで混ぜたら混ざったといえるのか、これは経験則でしかわからない世界です。
 この経験則と理論がかみ合ってはじめて、すばらしい技術開発やものづくりができるのです。
『京セラフィロソフィ』サンマーク出版 P552より)
----------
今の時代は色んな意味で、難しい時代だと思います。
例えば経験則を次の世代に伝えていくということを考えても、昔だったら「黙って先輩のやることを見てその技を盗め」と言って、特に手とり足とり教えなくても後輩や部下が自ら学ぶ習慣が当然のこととして成立していました。
ところが、現代ではそんなやり方をしていると、後輩や部下から「きちんと教えてもらえない」となって、まともに覚えなかったり、辞めてしまったりします。
そんな状況を見て、先輩や上司は「近頃の若者は辛抱ができなくて情けない」と非難するだけです。
これではすれ違ったままで、経験則を伝えていくという目的は果たせません。
どちらが歩み寄るべきなのか、意見は分かれるところでしょう。
それぞれの言い分にも正しい面は必ずありますし、どちらか一方だけを正しいとするのは間違いです。
だからこそ、私たちがやらなければいけないのは、根本的な考え方を共有していくことだと思います。
そしてこれまでその役割を担ってきたのは、宗教観や倫理観などでした。
それらが徐々に薄れつつある現代では、企業の中でそれらを共有していく必要が出てきたということでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たけ

Author:たけ
読書遍歴
太宰治(高校時代)
福永武彦、司馬遼太郎、田中芳樹(大学時代)
京極夏彦、永倉万治、佐藤賢一(20から30代)
最近はビジネス書がほとんどで、フィクションはときどきしか読まなくなりました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。