FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独創性を重んじる

 京セラは、創業の時から独創性を重んじ、人の模倣ではなく、独自の技術で勝負してきました。他社ができないといったものを喜んで受注し、全員が必死の努力でこれをつくり上げ、結果として独自の技術を次々に確立・蓄積してきたのです。
 大河内記念生産特賞や科学技術長官賞を受賞し、京セラが大きく飛躍するきっかけとなったマルチレイヤーパッケージの開発は、まさにこのことを実証しています。
 何としてもやり遂げなければという強い使命感をもち、毎日毎日創意工夫を重ねていく、その一歩一歩の積み重ねが、やがてすばらしい創造へとつながっていくのです。
『京セラフィロソフィ』サンマーク出版 P416より)
----------
独創性と言ってもこの場合、何か新しいものを考えだすというよりも、お客さんから「こういうのがほしいんだけど、どこにも売ってないんだよね」というものを作っていったということでしょう。
もちろんそれは今までにないものなので、完成させるには何度も試行錯誤を繰り返し、苦労の連続だったと思います。
そしてそういう精神的にも負担の大きい作業に取り組むためには、前向きな発想は欠かせません。
『京セラフィロソフィ』で繰り返し語られている働くための心構えの言葉は、そういう前向きな発想ができるようになるための日々の訓練のような気がします。
毎日これらの内容を見返すことで、常に前向きな気持ちを忘れずに保ち続けること。それができてはじめて日々創意工夫を重ねていく努力ができるのだと思います。
よい習慣がよ良い精神を育み、よい精神がよい製品を作り、よい製品がよい組織を生み出すということなのでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たけ

Author:たけ
読書遍歴
太宰治(高校時代)
福永武彦、司馬遼太郎、田中芳樹(大学時代)
京極夏彦、永倉万治、佐藤賢一(20から30代)
最近はビジネス書がほとんどで、フィクションはときどきしか読まなくなりました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。