FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する

 新しいことを成し遂げるには、まず「こうありたい」という夢と希望をもって、超楽観的に目標を設定することが何よりも大切です。
 天は私たちに無限の可能性を与えているということを信じ、「必ずできる」と自らに言い聞かせ、自らを奮い立たせるのです。しかし、計画の段階では、「何としてもやり遂げなければならない」という強い意志をもって悲観的に構想を見つめなおし、起こりうるすべての問題を想定して対応策を慎重に考え尽くさなければなりません。
 そうして実行段階においては、「必ずできる」という自信をもって、楽観的に明るく堂々と実行していくのです。
『京セラフィロソフィ』サンマーク出版 P287より)
----------
新しい案件の話をする際に、いつでも悲観的な発言をする人がいます。
性格は堅実なタイプで、仕事のできる優秀な人なのですが、その人に新規の話をすると難しい側面ばかり話すので、結局他の人に相談することになります。
その人を見ていると、いつも損しているなぁ、と思ってしまいます。
せっかくいろんな人が、この人ならと見込んで話しているのに、その機会を逸してしまっているのに気づいていないのは、もったいないことです。
これまでに経験したことがないものですから、不安なこともたくさんあるのはわかります。
しかしどうなるかわからないものを心配していても何も始まらないのだから、まずはやってみるという姿勢は大切だと思います。
その上で、不安要素を一つ一つ解決する方法を考えながら、最後までやり遂げる。
そうやって実績を積み重ねることで、気がつけばいろんなことが出来るようになるのでしょう。
最初から何でもできる人などいないのですから。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たけ

Author:たけ
読書遍歴
太宰治(高校時代)
福永武彦、司馬遼太郎、田中芳樹(大学時代)
京極夏彦、永倉万治、佐藤賢一(20から30代)
最近はビジネス書がほとんどで、フィクションはときどきしか読まなくなりました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。