スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常に創造的な仕事をする

 与えられた仕事を生涯の仕事として一生懸命行うことは大切ですが、ただそれだけでよいということではありません。一生懸命取り組みながらも、常にこれでいいのか、ということを毎日毎日考え、反省し、そして改善、改良していくことが大切です。決して昨日と同じことを漫然と繰り返してはいけません。
 毎日の仕事の中で、「これでいいのか」ということを常に考え、同時に「なぜ」という疑問をもち、昨日よりは今日、今日よりは明日と、与えられた仕事に対し、改善、改良を考え続けることが創造的な仕事へとつながっていきます。こうしたことの繰り返しによってすばらしい進歩が遂げられるのです。
『京セラフィロソフィ』サンマーク出版 P182より)
----------
今回の項目の解説は、他の項目よりもかなり長くて、それだけ稲森さんの言いたいことが詰まっている大切な項目だとわかります。
内容も具体的な事例で、とても参考になります。

良い習慣を身につけなさいとよく言われますが、習慣自体はある意味繰り返しですから、そこに甘んじていると良い習慣もだんだんと劣化してしまいます。
そのことが分かっていて、なおかつ自ら習慣を破っていくというのは、そんなに簡単なことではありません。
そもそも良い習慣を身につけることすら、なかなか出来ない人がたくさんいるのですから。

結局リーダーになる人というのは、それくらい覚悟して、自分自身を常に追い込んでいく必要があるということでしょう。
そして周りを巻き込み、少しずつでも毎日上昇し続けることで、レベルの高い組織を作り上げる。
厳しい環境を生き延びる術は、この地道な努力の積み重ねしかないんですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たけ

Author:たけ
読書遍歴
太宰治(高校時代)
福永武彦、司馬遼太郎、田中芳樹(大学時代)
京極夏彦、永倉万治、佐藤賢一(20から30代)
最近はビジネス書がほとんどで、フィクションはときどきしか読まなくなりました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。