FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自らを追い込む

 困難な状況に遭遇しても、決してそこから逃げてはいけません。追い込まれ、もがき苦しんでいる中で、「何としても」という切迫感があると、ふだん見過ごしていた現場にもハッと気づき、解決の糸口がみつけられるものです。
 火事場の馬鹿力という言葉があるように、切羽詰まった状況の中で、真摯な態度でものごとにぶつかっていくことによって、人はふだんでは考えられないような力を発揮することができます。
 人間はえてしてやすきに流れてしまいがちですが、常にこれ以上後にひけないという精神状態に自らを追い込んでいくことによって、自分でも驚くような成果を生み出すことができるのです。
『京セラフィロソフィ』サンマーク出版 P145より)
----------
最近のニュースなどで取り上げられている、「ブラック企業」の問題を見ていると、どうしても引っかかることがあります。
それは「当事者目線は一体どこにあるのか?」ということです。
一般論であれやこれや言うのは簡単です。
でも、それはあくまで一般論であって、実際のケースにすべて当てはまる訳ではありません。
むしろ当てはまらないことのほうが多いのではと思うこともあります。
仕事に関して言えば、「ギリギリ限界まで頑張れ」という指示は、かなり「ブラック」な状況でしょう。
しかしそう言わなければならない状況は、いつも身近に起こります。
その時に、「時間まで頑張ればいいよ」と言うのは簡単です。
しかしそれで「ああそうですか」となって、結局要求されたものが出来なかったら、その責任は一体誰が取るのでしょう?
大切なのは「何をしなければならないのか?」「それをやったら(やらなかったら)どうなるのか?」をやる方もやらせる方もきちんと認識しているということでしょうか。

表面的な問題に引きずられて、本質を忘れてしまっては元も子もないですからね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たけ

Author:たけ
読書遍歴
太宰治(高校時代)
福永武彦、司馬遼太郎、田中芳樹(大学時代)
京極夏彦、永倉万治、佐藤賢一(20から30代)
最近はビジネス書がほとんどで、フィクションはときどきしか読まなくなりました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。