FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一対一の対応の原則を貫く

 ものごとを処理するにあたっては、どんぶり勘定でとらえるのではなく、ひとつひとつ明確に対応させて処理することが大切です。
 たとえば伝票なしで現金や物を動かしたり、現金や物の動きを確認せずに伝票のみで処理するというようなことがあってはなりません。売掛金の入金チェックにしても、どの売上分をどの入金分で受け取ったのかを個々に対応させながら一対一で消し込むことが必要です。
 また、生産活動や営業活動においても、〔総生産〕や〔総収益〕といった、いわゆる収益とそれを生み出すために要した経費を正確に対応させ、厳密な採算の管理を行うことが必要です。
『京セラフィロソフィ』サンマーク出版 P581より)
----------
原則を貫くというのは、重要であると同時に、場合によっては煩わしいものでもあります。
すべてにおいて原則を貫ければそれに越したことはないのですが、人はずる賢い生き物なので、面倒なことに直面するとつい逃げ道を考えてしまいます。
どうすればそれを回避できるか。
それこそが人生における重要な命題です。
例えば日記や手帳に目標を書き込んで日々見返すというのは、逃げずに解決策を考え続けるための一つの方法です。
そういう手法をどれくらい持っているかが、人生における命題をクリアできるかどうかの指標になるでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たけ

Author:たけ
読書遍歴
太宰治(高校時代)
福永武彦、司馬遼太郎、田中芳樹(大学時代)
京極夏彦、永倉万治、佐藤賢一(20から30代)
最近はビジネス書がほとんどで、フィクションはときどきしか読まなくなりました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。