FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベクトルを合わせる

 人間にはそれぞれさまざまな考え方があります。もし社員一人一人がバラバラな考え方に従って行動したらとうなるでしょうか。
 それぞれの人の力の方向(ベクトル)がそろわなければ力は分散してしまい、会社全体としての力とはなりません。このことは、野球やサッカーなどの団体競技を見ればよくわかります。全員が勝利に向かって心を一つにしているチームと、各人が「個人タイトル」という目標にしか向いていないチームとでは、力の差は歴然としています。
 全員の力が同じ方向に結集したとき、何倍もの力となって驚くような成果を生み出します。一+一が五にも十にもなるのです。
『京セラフィロソフィ』サンマーク出版 P412より)
----------
劣勢に立たされた時にこそ、組織の真価が問われます。
よい組織というのは、厳しい状況になると、自分たちの本来の価値を見つめ直すことができるので、一時的に苦境に立たされてもまた立ち直ってきます。
自分たちの価値をきちんと認識し、それを信じて努力を続けられる組織が、結果的には生き残るのでしょう。
そのためには、自分たちの存在意義が何かということを、一人一人がきちんと知っておかなければなりません。
その存在意義を明確にし、それを全員に伝えるのは、組織のリーダーに課せられた最重要課題です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たけ

Author:たけ
読書遍歴
太宰治(高校時代)
福永武彦、司馬遼太郎、田中芳樹(大学時代)
京極夏彦、永倉万治、佐藤賢一(20から30代)
最近はビジネス書がほとんどで、フィクションはときどきしか読まなくなりました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。