スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大家族主義で経営する

 私たちは、人の喜びを自分の喜びとして感じ、苦楽を共にできる家族のような信頼関係を大切にしてきました。これが京セラの社員どうしのつながりの原点といえます。
 この家族のような関係は、お互いに感謝しあうという気持ち、お互いを思いやるという気持ちとなって、これが信じあえる仲間をつくり、仕事をしていく基盤となりました。家族のような関係ですから、仲間が仕事で困っているときには、理屈抜きで助けあえますし、プライベートなことでも親身になって話しあえます。
 人の心をベースとした経営は、とりもなおさず家族のような関係を大切にする経営でもあるのです。
『京セラフィロソフィ』サンマーク出版 P394より)
----------
昨日の「カンブリア宮殿」で、東京すしアカデミーという会社が紹介されていました。
その会社は寿司職人を養成する学校を運営するだけではなく、海外で働きたいという人達の就職相談もしているそうです。
私も子供たちに海外生活経験をしてほしいと思って、去年ニュージーランドへ家族で旅行し、ついでに学校見学もしてきたのですが、案外海外移住のニーズって多いのかなとその時思いました。
こういう発想のビジネスって今後も増えていくのでしょう。
企業の形は急速に変化してきているなぁ、とつくづく感じます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たけ

Author:たけ
読書遍歴
太宰治(高校時代)
福永武彦、司馬遼太郎、田中芳樹(大学時代)
京極夏彦、永倉万治、佐藤賢一(20から30代)
最近はビジネス書がほとんどで、フィクションはときどきしか読まなくなりました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。