FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公明正大に利益を追求する

 会社は利益を上げなければ成り立ちません。利益を上げることは恥ずべきことでもなければ、人の道に反したことでもありません。
 自由市場において、競争の結果で決まる価格は正しい価格であり、その価格で堂々と商いをして得られる利益は正しい利益です。厳しい価格競争のなかで合理化を進め、付加価値を高めていく努力が利益の増加を生むのです。
 お客様の求めに応じて営々と努力を積み上げることをせずに、投機や不正で暴利をむさぼり、一攫いつかく千金を夢見るような経営がまかり通る世の中ですが、公明正大に事業を行い、正しい利益を追求し、社会に貢献していくのが京セラの経営です。
『京セラフィロソフィ』サンマーク出版 P388より)
----------
製造現場における「利益」とはすなわち「付加価値」です。
では「付加価値」とは何か?
それは、極端に言えば「私たちがここで働いている意味」です。
なぜ私たちはここで働いているのか。それを証明するのが「利益」です。
つまり「利益」が上げられないということは、イコール私たちがここで働く意味はないということになります。
そこまでシビアに日々考えているわけではありませんが、これを忘れてしまうと、いずれ仕事を失います。
失った時にはじめてその大切さがわかります。
だから、私たちは日々緊張感を持って仕事をしなければなりません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たけ

Author:たけ
読書遍歴
太宰治(高校時代)
福永武彦、司馬遼太郎、田中芳樹(大学時代)
京極夏彦、永倉万治、佐藤賢一(20から30代)
最近はビジネス書がほとんどで、フィクションはときどきしか読まなくなりました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。