FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小善は大悪に似たり

 人間関係の基本は、愛情をもって接することにあります。しかし、それは盲目の愛であったり、溺愛できあいであってはなりません。
 上司と部下の関係でも、信念もなく部下に迎合する上司は、一見愛情深いように見えますが、結果として部下をダメにしていきます。これを小善といいます。「小善は大悪に似たり」と言われますが、表面的な愛情は相手を不幸にします。逆に信念をもって厳しく指導する上司は、けむたいかもしれませんが、長い目で見れば部下を大きく成長させることになります。これが大善です。
 真の愛情とは、どうあることが相手にとって本当に良いのかを厳しく見極めることなのです。
『京セラフィロソフィ』サンマーク出版 P373より)
----------
企業の福利厚生というのは、そもそも社員が働きやすい環境を作ることが目的で整備されるものです。
それがいつの間にか、社員受けがよい制度を作り出し、その制度があることが当たり前だと考えるようになった結果、企業の業績が悪くなり色んな制度が廃止されると不満が吹き出してきます。
そうなってしまうと、本来の目的に立ち返るのは容易なことではありません。
リーダーは組織をまとめていく上で、小善を廃し大善を行うという強い意思を持たなければ、結果的にはメンバー全員が道を誤ってしまうということを自覚しなければなりません。
私自身、今日からまた方向を見定めていきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たけ

Author:たけ
読書遍歴
太宰治(高校時代)
福永武彦、司馬遼太郎、田中芳樹(大学時代)
京極夏彦、永倉万治、佐藤賢一(20から30代)
最近はビジネス書がほとんどで、フィクションはときどきしか読まなくなりました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。