FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大胆さと細心さをあわせもつ

 大胆さと細心さは相矛盾するものですが、この両極端をあわせもつことによって初めて完全な仕事ができます。
 この両極端をあわせもつということは、「中庸ちゅうよう」をいうのではありません。ちょうどあやを織りなしている糸のような状態を言います。縦糸が大胆さなら横糸は細心さというように、相反するものが交互に出てきます。大胆さによって仕事をダイナミックに進めることができると同時に、細心さによって失敗を防ぐことができるのです。
 大胆さと細心さを最初からあわせもつのは難しいことですが、仕事を通じていろいろな場面で常に心がけることによって、この両極端を兼ね備えることができるようになるのです。
『京セラフィロソフィ』サンマーク出版 P210より)
----------
この項目はとても重要だと稲盛さんは言っています。
経営者の最大の仕事は「決断する」ことでしょう。
決断を下す際には色んな面で悩むけれども、多面的に問題を捉えて決断しているかどうかで、その後の結果に差が出てきます。
だから時には大胆に行動するときもあれば、些細な問題でも慎重になって計画を見直すなど、一見矛盾するようだけれども、状況に応じて判断を変えることが必要だと言います。
しかし、一人の人間がそんなに多面的に問題を判断するのは困難だと思います。
稲盛さん自身、ホンダの本田宗一郎と藤沢武夫、ソニーの井深大と盛田昭夫のコンビがあったから成功したと言っています。
だとしたら、多面的に物事を見極める習慣も大切ですが、それよりも自分とは異なる見方で判断をしてくれる人材を探すことの方が大切な気がします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たけ

Author:たけ
読書遍歴
太宰治(高校時代)
福永武彦、司馬遼太郎、田中芳樹(大学時代)
京極夏彦、永倉万治、佐藤賢一(20から30代)
最近はビジネス書がほとんどで、フィクションはときどきしか読まなくなりました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。