FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

率(そつ)先(せん)垂(すい)範(はん)する

 仕事をする上で、部下やまわりの人々の協力を得るためには、率先垂範でなければなりません。人の嫌がるような仕事も真っ先に取り組んでいく姿勢が必要です。
 どんなに多くの、どんなに美しい言葉を並べたてても、行動が伴わなければ人の心をとらえることはできません。自分が他の人にしてほしいと思うことを、自ら真っ先に行動で示すことによって、まわりの人々もついてくるのです。
 率先垂範するには勇気と信念がいりますが、これを常に心がけ実行することによって、自らを高めていくこともできるのです。上に立つ人はもちろんのこと、すべての人が率先垂範する職場風土をつくりあげなければなりません。
『京セラフィロソフィ』サンマーク出版 P139より)
----------
前回この項目を書いた時、稲盛さんの日露戦争のエピソードを交えて、私なりの感想を書きました。
指揮官が率先垂範することで、部下の士気を鼓舞するというのは必要かもしれません。
ただし、それはあくまで非常時での話で、普段はきちんと組織が機能しているかどうかを確認すればいいのだと思います。
非凡な才能を必要とするのは、通常のやり方では事態を打開できない非常時だけであるべきで、普段は個人の能力には出来るだけ頼らないというのが正しい組織のあり方だと考えます。
そう考えると、児玉源太郎や山本権兵衛という非凡な才能の持ち主は、日露戦争という非常時だからこそ活躍できた人物で、平時においては有能ではありますが、組織にとっては有害な人物とみなされたかのかもしれません。
そんな例は世界中のどんな社会、歴史にも存在するでしょう。
そういった時代や民族を超えた人間社会の共通点に、私は深い興味をそそられます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たけ

Author:たけ
読書遍歴
太宰治(高校時代)
福永武彦、司馬遼太郎、田中芳樹(大学時代)
京極夏彦、永倉万治、佐藤賢一(20から30代)
最近はビジネス書がほとんどで、フィクションはときどきしか読まなくなりました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。